病院は予約があるのに待たされる?

病院

世の中には

1.予約をとって待たずにはいる

2.予約を取らずに順番にはいる

この2つしかないと思っている人が多いのでは・・・

病院はなんと

”予約を取っているのに待たされる”という不思議な場所です.

なぜこのようなことが起こるかというと

単純に オーバーブッキング(予約の入れすぎ)です.

なぜそんなことがおこるのかというと医師の”優しさ”と”保身”です.

わー予約普通にとると2か月先の夕方になる・・・

→そんなに空けて病状悪化してないかな?

→仕方がない,1か月後の朝に入れとくか

”胃が痛い”と言っている,潰瘍やがんかも

→胃カメラ1か月待ちか

→来週やるか

このようなことが,たくさん起こった結果,オーバーブッキングとなるのです.

海外のように

ドライに次回診察は2か月後です,胃カメラは1か月後です.いやならどうぞよそへ行ってください.と言われたいでしょうか?

昔に比べてどの病院も待ち時間は減ったとは思いますが,どうしても待ちが長い先生もおられます.

対策として

予約は朝早くにしてもらう

もし午前と午後がきれいに分かれているなら,午後の最初も可

(午前から連続して診察している仕事中毒の医師の場合はその限りではありません)

USJやディズニーランドなどと同じように?待ち時間は徐々に伸びていきます.始まった当初はまだ列は伸びていませんので,ねらい目です.

大きな病院で検査を定期的にしたり,薬をもらったりしている方は薬だけ近くのかかりつけに変更し,必要な検査のみを大きな病院で受けるようにしてもいいでしょう.本来の病院の機能分担で,そのようにすべきなのですが,患者さんの大病院志向が強いためなかなか薬だけもらいに行ってくれません.また患者さんがそう思っても医者も患者もそのように言い出さずずるずる投薬を続けているケースもあります.

工夫して受診してください!

ファイナンシャルプランナー無料相談

コメント

タイトルとURLをコピーしました