検診を受けよう

大腸がんと胃がんで命を落とす人の多くは検診をおろそかにしたからです.大腸がんや胃がんになることを予防はできなくても早期発見は可能です.

肺がんや膵臓がんのような悪性度の高いがんは半年に1回,レントゲンや腹部エコーを受けていてもダメな時はダメですけれども(それでも早期に発見できる可能性はあります),胃カメラや大腸ファイバーを定期的に行えば大腸がんや胃がんで手遅れになる可能性はぐーと減ります.

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を行う間隔は人にもよりますが,ヘリコバクターピロリ菌が陽性であった人なら1,2年ごと,そうでなくても数年ごと(5年に一度は)には受けたほうがよいでしょう.

大腸ファイバー(下部消化管内視鏡検査)は大腸ポリープをとったことのある人は2年ごとぐらいで行ったほうがよいでしょう.大腸ポリープを切除した個数がたくさんあった人はもう少し短くてもいいですが,定期的に検査を行っていて何もない状態が続くなら徐々に間隔を延ばしてもよいでしょう.なにもなくても5年に一度は受けたほうが「しまった!」という悲劇を避けられます.

生命保険の無料相談

コメント

タイトルとURLをコピーしました